いい人をやめると楽になる

「いい人」をやめると楽になる―敬老録




20代前半に買った本。
”楽”じゃなかったんでしょうね・・(笑)


”いい人”というか、
若い頃の方が
「みんなと同じじゃなければいけない」、
「誰からも好かれなければならない」
「孤立する恐怖」

みたいな思いが強かったように思います。


女子高生がみんな同じようなメイクをしたり格好をしたり
するのも似たような心理なんじゃないかなと想像します。


年を重ねるにつれ、
自信がついてくるのか、神経が太くなるのか分かりませんけれど、
そういう気持ちは自然と薄れてくるように思います。



”いい人”を辞める = 悪い人になる

ということではありません。自分勝手になるということでもありません。
もう少しだけ自由になるというか、ネジを緩めるというような感じかもしれません。


夕日



頑張りすぎている人、心の優しい人、他人に涙を見せない人。


こんな人ほど
ある日、わけもなく急に涙がとまらなくなったり、
人から言われた一言で深く傷ついて立ち直れないなんていうことが多いんじゃないかと思います。


ちょっとだけ”いい人”をやめてみるのもいいかもしれないですよ。



R@Halu

ブログランキング参加中
応援ありがとうございます。
1クリックお願いします!
↓↓↓
ブログランキング

いつもありがとうございます。



いい人をやめると楽になるトラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)